オオイケモトキの「GTSSってね…」vol.2

Column

「美容師が自由に働ける、パーソナルなシェアサロンを創りましょう!」

LiME創業者の古木さんの提案で、美容師の新たな働き方を創ろうとワクワクした夜。

まずは美容師さんが安心して繋がられるコミュニティが必要だと、『GO TODAY』という美容師の独立支援コミュニティを立ち上げた僕ら。

近いうちに必ず、美容師個人とお客様が主役になる時代が来る。

そしてそれを可能にするサロンが必要になる。

↓前回はこちら↓
オオイケモトキの「GTSSってね…」vol.1

大庭との出逢い

GO TODAYコミュニティの発足から1年が経とうとしていた2016年12月。

ひょんなことから「ある人物」との出逢いを果たします。

その日は、LiMEの新オフィス完成パーティーに招いていただき、LiMEメンバーや関係者の方々と楽しい時間を過ごしていたのですが、その中にやけにテンションの高い元気なおじさんががいるなぁと思っていたんですよね。

ただその時はそのおじさんがどんな人かも知らず、でもなんか偉い人なのかな?という印象でした。

その後、パーティーの途中で古木さん(LiME社CEO)からそのおじさんを紹介されてご挨拶を。

僕は現役のフリーランス美容師をやっていますということを告げ、彼は自身で立ち上げた事業を最近離れたとのこと。

その時は僕の知識不足で、彼が始めた事業のことをいまいち理解していなかったのですが、後々調べてみるとそれは「美美美コム」という美容室検索サイトで、楽天に売却後「楽天ビューティー」というサイトになったと。

あ、楽天ビューティー知ってる。え?それ作った人なの?すごくない?

と、笑

そのなんだかすごそうなおじさんがどうやらシェアサロンに興味を持っているということを古木さんから聞き、現場の美容師さんが抱える問題やシェアサロンが秘める可能性などを熱く語ってしまう僕。

その話を興味深く聞いてくれたおじさんから、年明けに思いもよらぬ言葉を聞くことになります。

シェアサロンやろうよ!

パーティーでお会いした後は軽いメッセージで終わっていたのですが、年明けに思いもよらぬ言葉を耳にします。

「シェアサロンやろうよ!」

突然の言葉に呆然とする僕。

「え、あ…はぃ」

「古木さんはLiMEの事業が第一だから、オオイケさん主導でどう?」

「ふぁ、ふぁい」

「じゃあ次会うときまでに簡単な事業計画書作ってきて」

「ジギョウケイカクショ?」

そんな、GO TODAY SHAiRE SALON(このときはまだ名前も決まっていない)の【始まり】を収めた写真です。

左からオオイケ、古木さん、おじさん

「おじさんおじさん」と連呼してしまいましたが、このおじさんこそGO TODAY SHAiRE SALON共同創業者であり代表取締役の大庭邦彦です。

ちなみにこのときの写真は古木さんが「いつかシェアサロンが大きくなってそれまでの軌跡をブログとかで発信するときのために、写真撮っておいたほうがいいですよ!」

と撮影したもの。

思ったより早く使うときがきましたね、笑

思わぬ形で強力な仲間が加わり、「GO TODAYコミュニティ」から『GO TODAY シェアサロン』への進化を遂げる準備が整いました。

経営をしたこともない美容師と、美容室を運営したことすらない経営者の大きなチャレンジ。

(生まれてはじめて作った計画書の一部)

会社が立ち上がる様子や事業が生まれていく過程を目の前で体験できる喜びにワクワクしながら、春の1号店オープンを目標にGTSSが動き出しました。

これはとんでもない1年になりそうだ…

年始から胃がキュッとしたのを、今でも鮮明に覚えている。

つづく

関連記事一覧